トップページへ

昭和色残る道端

街角散歩 » 東京 » 中央区 » 昭和色残る道端

昭和色残る道端

佃島の古い街並みが残る一角を歩いていたときのこと。歩道の脇、家の軒先にピンクの花がひっそりと咲いているのを見かけました。バックに写る古い家とのコラボレーションがとても絶妙で、この一角だけなんとなく昭和の残り香のようなものが現存しているように感じられました。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ