トップページへ

船上からの工場夜景

街角散歩 » 神奈川 » 船上からの工場夜景

船上からの工場夜景

川崎の工場夜景クルーズの途中で撮影した一枚。昨日アップしたのは夕暮れ時に撮影したものですが、これは日も暮れ空が真っ暗になった後の時間帯に撮影したもの。船の上からの夜景撮影は想像以上に難易度が高く、かなりの手ブレ写真を量産してしまいました。

多少の照明は点灯していつつも、基本的には普通に夜なので絶対的に光量が足りない状況。それでも平地であれば三脚を立ててシャッタースピードを遅くすることで明るく撮ることができるのですが、船の上だとそもそも土台が揺れているので三脚や一脚を使ったところでブレは確実に発生してしまうのです。

となると、もはや残る手はISO感度を上げてシャッタースピードを稼ぐしか手はないのです。ということでこの写真のISO感度は12800。それでもシャッタースピードはせいぜい1/30。こうなると後は気合いです。脇を閉めてなるべくブレを発生させないように撮るのみ。高感度ノイズがたくさん乗ってますが撮れないよりはマシです。

今回の工場クルーズは通常ありえない位置から工場を見ることができるという貴重な機会だったのですが、それと同時に暗くて揺れるという極悪条件下での撮影の厳しさが身に染みて理解できた機会でもありました。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ