トップページへ

夕闇のホーム

街角散歩 » 神奈川 » 夕闇のホーム

夕闇のホーム

川崎の沿岸部に広がる京浜工業地帯。その一角に位置する扇町という人工島。この島にはJR鶴見線が旅客路線を伸ばし、工場従業員の足として電車を走らせています。この扇町にある昭和駅のプラットホームを撮影したのが今日の一枚です。

この駅の改札口の目の前には昭和電工川崎事業所の門があり、その奥には広大な工場用地が広がっています。この駅が「昭和」という名前なのも、おそらく昭和電工の隣接しているからだと思われます。

この日この駅を訪れたのは日没後。空の明かりが徐々に暗くなって夜闇が勢力を伸ばし始める時間帯、ホーム上空にはオレンジとブルーのグラデーションが広がっていました。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ